医療関係も不安がない老人ホームに入所した祖母

母方の祖母が入所する老人ホームは医療機関との連携があるため、胃炎や頭痛などの些細な不調があった際には医師の診察を受けることができます。常に看護士さんが常駐しているので検温や血圧測定、体調管理はすべて任せられ、安心です。週に一度は医師の診察があり、そこで何かあればすぐに連絡が来るようになっています。医療機関が管理する老人ホームなので衛生管理も徹底されており、コロナ対策も万全です。最近では、入所者である祖母とはコロナワクチン接種が完了していないことや老人ホーム内に万が一のことがあれば良くないということで直接の面会はできていません。ですが、コロナワクチンを祖母と面会希望の家族が接種していることが確認できれば、数分ではありますが、直接の面会ができるというお知らせが届きました。まだ祖母も私たち家族もワクチン接種はできていないので会えませんが、老人ホーム側の配慮がきちんとされていることで安心感が増しました。

最初は老人ホームに入所することを良く思っていなかった祖母ですが、施設の方がみな優しいことや体に異変があればすぐに医師が駆けつけてきてくれることから、今は施設にいることが楽しいようです。時々、施設の方から祖母の近況を電話で教えてもらいます。良い施設に入所できたことを嬉しく思います。