発泡スチロールが出来るまでの過程とは?

発泡スチロールを1度は目にしたことがあると言う方もきっとほとんどではないかと思いますが、この発泡スチロールがどのように指定できているかと言うことを知らないと言う方もきっと多いと思います。そこで今回は、発砲スチロールはどのようにできているのかと言うことについて簡単に説明をしていきましょう。

そもそも発泡スチロールの原料は、発泡剤が入った1mm程度のポリスチレンの粒であり、この原料であるビーズをスチームで加熱することによって約50倍に膨らみ、発泡スチロールとして成り立ちます。またの発泡スチロールの98%が空気でできていると言うことで、原材料として使用されている石油わずか2%と省エネにもつながる製品となっているのです。
まず初めに重合と言う石油から原材料であるビーズを作り、先ほども述べたビーズを発泡させる作業のことを予備発泡と言い、最後に発泡ビーズを金型に入れてもさらに蒸気をかけて膨らませていきます。それほどまで難しい手順で行っているわけではありませんが、ある程度の技術力は必要とされる作り方とされているのです。発泡スチロールについての知識をより知りたいと言う方はインターネットなどから検索をしてみると良いでしょう。