障害がある人の社会参加のための介護タクシーです

障害がある人が、社会に出て活動をするときに、何を利用して社会参加をすればよいのでしょう、タクシーも良いですが、あまり喜ばれないことでしょう、そんなときに利用するのが介護タクシー、介護タクシーの運転手は、介護の資格を持っているので、車椅子などの扱いにも精通しているのです、また視覚障害のある人たちにも優しく、目的地に届けてくれて、帰りも玄関先まで送ってくれます。

介護タクシーも予約が必要です、街中で手を挙げて捕まえるようなことはできません、あらかじめ、予約して利用することになります、障碍者には、強い味方となるのです。障碍者の世界で、介護タクシーがなければ、どうするのでしょう、市町村から出ている、タクシーチケットを使うことになりますが、これには、数に限りがあります、いつでも存分に使うことはできません、補助は初乗り料金分くらいなのでお金は結構かかりますし、目の障害のある人には、目的地を案内することもできないと、利用しずらいことになりますが、介護タクシーは、目的地もしっかりと分かり、会議室までちゃんと連れて行ってくれるのです。もちろんお金はかかりますが、補助金が出るので、タクシーよりも安く利用できるのです、そこが介護タクシーの良いところですね