エコな江戸の夜事情

エコロジーエコで満ちていた江戸時代の暮らしですが、夜にはどのような暮らしをしていたのでしょうか。
江戸では日が暮れてしまうと行灯やろうそくやろうそくを使う提灯を照明として使用しました。何かを燃やして明かりを得たわけですがその燃料は綿の果実油や菜種油、鯨油やイワシ油や木蝋などエコな自然素材が主に使われていました。ろうそくは高価なものだったので庶民が日常的に使うのはもっぱら行灯でありましたがそれでも他の燃料に比べると高価なものでした。庶民は安価なイワシ油を使うことが多かったのですが、イワシ油はに起きが強くすすがたくさん出るので使い勝手が悪かったそうです。しかも行灯の明かりはかなり暗く細かい作業をするのには不向きだったこともあり、燃料節約のために早寝早起きが習慣になっていました。結局早寝早起きがエコということになるのでしょうか。
イベントのある夜だけは別の話で両国の花火を見に行ったり十五夜など月見に出かけたりして楽しんでいました。エコな暮らしにも楽しみは必要なのですね。