障害基礎年金についてしっかりと知っておく

皆さんは障害年金に大きく分けて2種類あると言うことをご存知でしょうか?1つは国民障害年金、もう1つは障害基礎年金と言われています。その中でも今日は「障害基礎年金」とは一体どのような年金なのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。

障害基礎年金とは、障害基礎年金を受ける該当者が国民年金に加入している間に、また年金制度に加入していない期間である20歳未満の場合、もしくは年金制度に加入していない期間で日本に住んでいる間に国民基礎年金を受ける60歳から65歳の方が、その国民障害年金を受ける原因となった病気やケガに対して初めて医師または歯科医師の診療を受け、法令により定められた障害等級表(1級や2級)による障害の状態にあるとの診断を受けた場合に支給される年金のことを言います。
またこのような障害基礎年金を受けるためには、医師の診察を受けた初診日の前日において、保険料納付要件を満たしていることが必要となります。しかしながらその例外もあり、20歳未満のの年金制度に加入していない期間に医師の診察を受けた初診日がある場合は納付要件はなく、障害基礎年金を受け取ることができるのです。もし障害基礎年金について知りたかったと言う方はしっかりと覚えておきましょう。