ゴルフ初心者はキャディをつけてコースを回るべし

ゴルフを経験していない人でも、キャディという名前は聞いたことがあるはずです。
キャディとは、ゴルフプレイヤーのサポートを行う人であり、打つ前にクラブを選択してとってくれたり、バックを運んでくれたり、時にはホールの助言をしたりと様々なサポートをしてくれる人の事を指します。

ゴルフの中継などをみても分かる通り、ゴルフプレイヤーがプレイする前に、こそこそと話していたり、クラブをもってあげていたりとしていると思います。
普通、ゴルフコースを回る場合は、キャディをつけません。その理由としてはお金がかかるからです。
平日にゴルフコースを回るとしても、1回1万円近くかかってしまうゴルフですが、キャディを呼ぶとそこにさらにプラスされて高くなります。
そのため、プライベートのゴルフではあまりキャディはつけません。
ただ、ゴルフ初心者、ゴルフコースに初めて行くと言う人は、キャディを付けたホールを回った方が良いです。
キャディさんは、そのホールの事をある程度しっており、そのコースではどのドライバーを使ったらよいかなど知っているからです。
そのため、適切なアドバイスをもらえ、ゴルフが上達しやすくなります。
お金はかかりますが、是非、キャディさんを付けたコースを一度回ってみてください。