調理の仕事をする時の作業服の改善

私は以前調理関係の仕事をしていました。
なので当然作業服は白衣になります。

入社したての頃は憧れの白衣だったのですが、慣れていくうちに白衣の機能性について疑問を持つようになりました。
どうも夏は暑く冬は寒いので体温調整が難しい服だなと思ったのです。
しかしそれ以外は特に思う事はなく、むしろ白衣を着ている事で仕事をしていると言う自覚が常にありモチベーションに繋がったのでした。
私と同じ考えの人は結構いたみたいで、私服の仕事より白衣の方が服を選ばなくて良いし作業服があって良かったねと話していました。
ただ一つ言えるのは、夏と冬に合わせた白衣があったらベストなのになと言う所です。
見た目は清楚だし真っ白なので清潔感が前面に出ていてとても良いので、後は機能性の部分をどうにかすれば完璧とも言える作業服だと思うのです。
色々とありますが、総合的にはとても良いものだと感じています。
今は退職してしまって着る機会がないのですが、あの作業服を着ると懐かしい気分になります。
周りからは似合ってると言われる事が多く、私自身も好きな格好でしたのでまた仕事をする事が出来たなら白衣を身につけたいです。
頑張っておいしいごはんを作るぞと言う気持ちが湧いてきます。