過酷な労働を強いられる運送会社のドライバーさんたち

運送会社と聞けば、クロネコヤマトさんや佐川急便さんを思い出しますが、近年ネットの通販事業の拡大により、これらの運送会社のドライバーさんたちが不足しているというニュースをよく耳にします。
パソコンやスマホで簡単に買い物ができる時代ですが、その背景にはこのような運送会社で働く人たちの影ならぬ努力があるのだということを、痛感させられずにはいられません。

何もせずして、購入したものを配達してくれる本当にありがたいサービスですが、荷物を依頼人の手元に届けるまでの作業は、想像以上に大変なことだと思います。
時間指定しているにもかかわらず、約束の時間に不在だったり、いつ尋ねても不在が続いたりすると、ドライバーさんたちの労力は計り知れないものとなります。
あまりにも多忙すぎて体を壊してしまったり、やりきれない思いを配達される客の荷物にぶつけてみたりと、過酷な労働状況がドライバーさんたちを追い込んでいしまっているのも事実です。
ネット通販はとても便利なサービスではありますが、その恩恵を受ける前に、まずはこのような運送会社のドライバーさんたちが安心して働ける環境を整備するべきだと思わずにはいられません。
便利なサービスの裏に、辛い思いをしている方がいるというのは、本当に残念な話です。
過酷な状況下にありながらも、私の自宅に荷物を届けてくれるドライバーさんたちは、いつも笑顔です。
頭が下がる思いがしますが、少しでも彼らの労働環境がいい方向に改善されることを願ってやみません。