解体工事する時は落下物と微粒子に注意

家やそれ以外の建物を取り壊す時には、解体工事が行われますが落下物や微粒子に注意します。
簡単な解体工事をする時には、専門の道具を持って人自らが解体していく事もありますが、上から落下物が落ちてくることもありますし、作業している所は微粒子が多く浮遊します。

そこで、しっかりと被害に合わないように対策をする必要があり、きちんとヘルメットをかぶって作業したり、微粒子を吸いこまないように専門のマスクをしていきます。
そうすることで、何か起こった時も被害を多少抑える事ができます。また、専用機械で取り壊す時も落下物はありますから作業中は他の人は近寄らない事も必要です。
また、ほとんど知識がないのに解体工事を行うと怪我の元になりますから解体する時には必ず専門の業者にお願いする事が必要です。それだけ専門知識と技術が必要な危険な作業になります。また、解体工事をする作業員として働く時は、常に万が一の事を考えて慎重に作業していく事も必要です。
このように、解体する時は注意しなければいけない事がありますから、少しでも安全に作業していくように対策を立てていく必要があります。微粒子を軽視する人もいますが、人間の肺に微粒子が溜まり過ぎると当然問題が起きます。