階段に取り付けた手すりのメッキが剥がれ対策を

titan22自宅の階段に取り付けた金属製の手すり。元々階段がきつく、両親の昇降の補助にと日曜大工で取り付けたのですが、最近になって表面のメッキが剥がれ内部の錆びが目立ってきました。
10年近く毎日利用してきた事による劣化や、掃除の際にいろんな物に接触し表面があちこち破損させてしまったのが主な原因でしょうが、このままで放置していれば少しづつでも錆びが広がり、その面で肌を傷付けるリスクが高まるかも知れません。

かと言え効果的な防錆法やコーティングの仕方について知識は全く無く、それならば自分なりに出来る対策をと、丈夫な防水用のビニルテープを購入してきて、メッキが剥がれ内部が剥き出しになってしまった部位に対し、丁寧に巻き付けていったのです。
テープの色は目立たないブラックに統一し、仕上がり後のみすぼらしさがなるべく出ない様に努めます。防水仕様にしたのは内部への水分の浸入を防ぐ他、手洗いや家事の途中で手を濡らしたまま階段を昇降する機会も多いという事に配慮してのもの。
結局防水テープの処置を施したのは手すり全体の2割近くに及びました。が、我ながら出来上がりは良好で、比較的暗い階段ならあまり目立たないもの。メッキの輝きはかなり失われてしまいましたが、以前と比べはるかに安全度が増したのです。