ビジネスの効率をあげる便利なビジネスフォン

image22ビジネスフォンを利用する大きなメリットの一つは、外線から受けた電話を同じ組織の中にある別の電話に、すみやかに転送することが可能だという点にあります。また機器を導入すれば、支店やスマートフォンなど外部の電話にも簡単に転送できます。ですから電話をくれた人が別の電話にかけなおす必要がなくなり、業務が効率的に進むのです。内線を転送するときには電話料金がかからないので、通信コストの削減にもつながります。

ちょうど電話をしているときに、別の取引先から電話がかかってくるということはよくあるものです。一般の電話では誰かが話していると、その通話が終わるまでは別の場所からの着信はつながりません。しかしビジネスフォンを利用すれば会話をしている途中でも他の電話で外部からの着信を受けることができ、内線で別の部署と連絡を取り合うこともできます。ですから大切な連絡を取りこぼすことがなく、円滑に業務を進めていくことができるのです。

多くのメリットを持つビジネスフォンですがやはり利用にあたってかなりの費用が掛かるので、導入時にかかる経済的な負担が問題になってきます。最近は新品の3分の1以下の価格で中古のビジネスフォンも販売されているので、小規模のオフィスでは中古のビジネスフォンを活用するという方法もあります。