中古コピー機で、経費削減とエコロジー

copy22景気がよくなっているという声もあるけれど、中小企業にはまだまだ恩恵が回ってこないな~と思う毎日です。勤め先の職場でも、少しでも経費を削減しようと、コピー機のリースをやめて、中古コピー機を購入しました。これまでリースで使っていた最新式のものと比べると、やや古めかしい感じがしますが、予想以上に綺麗で、きちんと働いてくれます。一部の人からは、コピー機のリース代くらいケチらないでほしい、新しい物の方が使い勝手がよかった、などという声もあるようですが、そうかな~。

何もかも自動でしてくれるより、手作業での調整も少しはあった方が、わかりやすいと思うし、私にしてみれば、なじみのある機種が戻ってきたような気がして喜ばしいことです。中古コピー機に変わった途端、これまでできていた用紙の補給が突然できなくなる人もいて、簡単なことなのに、何故?と思いながら、先輩ぶって教えてあげたりしています。リースだと、メンテナンスは全てリース会社にお任せできたけれど、今後はそういうわけにはいかないので、皆、紙詰まりなどないように、慎重に使っているようです。むやみにコピーを取る人も減ったらしく、経費削減に結び付きそう。それに、中古の機械を大切に使うって、エコだと思うのです。