アロママッサージの本質とは

aroma_massage22アロママッサージと普通のマッサージの何が違うのか、どちらがより自分にとって効果的なのかを考えてみようと思います。普通のマッサージでもやってもらうと気持ち良いですし身体がとてもリラックスしてきますが、アロママッサージのリラックス度はかなり高いように思います。これはなんででしょう。まず最もその原因に当たるところはやはり匂いだと思います。匂いというのは身体にとって非常に重要なシステムで、例えばものの腐った匂いだと不快なこと以上に身体が緊張したりします。これを食べたら病気になってしまうという本能的な自己防衛でそれをさせるわけですが、そう考えるとその逆の良い匂いというのは副交感神経が優位になることは自明の理ですね。本能的なことの原因が一つ、続いてはアロママッサージにおいては油を使うということです。

デトックス効果になると思いますが、現代社会は非常に便利なことだらけですが、その代償として食品添加物や環境汚染物質などの毒もかなり蔓延しています。その毒物には主に2種類あり、一つは水溶性もう一つは脂溶性です。油の毒は水では取れないので、同種の油に脂溶性毒を溶かし込んで排出させます。これがアロママッサージの本質でもあると思います。なぜアロママッサージが気持ち良くてスッキリするのか、考えてみるとこんなことが浮かんできます。