太陽光発電のメリットとデメリット

12今、太陽光発電がすごく注目されていますが、太陽光発電がどのような働きをしてくれるのかを見て生きたいと思います。

企業でも使われる太陽光発電は今では家庭でも使っている人が多くなっています。
それくらいにいいところが沢山あるようです。
メリットとしては、電気代を節約することができます。
そして、停電のときでも太陽さえ出ていれば電気を使うことができるのです。
太陽光なので、自然の光を利用することになるので、エコ意識が高まるのではないかと思います。
採掘量は太陽がある限り無限に供給されるのです。

太陽光発電にはこのようにいいところが沢山ありますが、逆にデメリットも存在するのです。

初期費用は高額だと言うこと。
しかし、使い続けていくにつれてもとが取れるのです。
施工の工事のやり方が甘いと雨漏りをしてしまう恐れもあるのです。
10年から15年後に1度は変電器や売電メーターなどを交換しなければならず、結構こうがくなきんがくがかかるので、維持費ももちろんかかります。

デメリットもありますが、総合的に考えると、メリットのほうが多いのも事実なんです。
しかし、もしかしたらこれからもっと進歩していって太陽光発電が当たり前のようになって来る時代が来るかもしれませんね。