給食であたったビワの種を植えました

02息子は大のビワ好きです。ビワの季節になるととても嬉しいらしく、スーパーに売っているビワを買ってくれとねだる事が多いです。 そんなある日、学校から帰った息子がポケットから何やら取り出して渡してきました。「これ何?」と尋ねると「今日給食でビワが出たんだ。その種を植えてみる」と言いだしたのです。 私はガーデニングを趣味としており、花を育てるのは得意ですが、さすがにビワの種を植えて発芽させる事は難しいと考えます。しかし、芽が出て育つと大量のビワを食べる事ができると思っている息子の目はきらきらと輝いています。さすがにここで「そんなもの植えても無駄だよ」という言葉を出す事はできません。そこで息子と一緒に鉢にビワの種を植えてみる事にしました。

絶対に芽がでないと確信していた私の予想にもかかわらず、しばらくすると可愛いらしい芽がちょこんと出ているのを見た時は驚きました。息子は大喜びです。日に日に成長していくビワを見ながらせっせと水やりに励む息子を見るのも私自身が嬉しいです。 それから数年後、鉢植えのビワに花が咲き、ついに実をつけたのです。初めての実だったので、たくさんではありませんでしたが、それでも収穫し、食べる息子は満足いっぱいの顔をしています。給食であたったビワの種を植えるとからこんなになりました、というと 誰もが驚かれます。