いろいろな合わせガラス

窓ガラス合わせガラスとは2枚のガラスを貼り付けてつくったガラスです。板ガラスと板ガラスの間に樹脂のフィルムをはさんで接着してあります。板ガラスの性能とフィルムの性能の組み合わせで様々な種類があります。

基本的な合わせガラスは強化ガラスを使用しています。強化ガラスは普通の板ガラスに比べて3〜5倍の強度があり、万一われても普通のガラスのように大きな破片にはならずに細かく砕けます。これが合わせガラスになると、ガラスが間に挟まっている強靭なフィルムに接着されているために欠片が落ちず、穴が開きにくくなります。

ビルの窓ガラスに使用した場合、万一なにかが窓ガラスに衝突してガラスを割ってしまっても、窓から物や人が落ちたりすることがありません。逆に台風などで看板などが飛来しても同様に貫通しにくいのです。

バリエーションとしては、フィルムを厚く強靭にすることでバールなどでも貫通できないようにしたもの、フィルムに紫外線カット性能をもたせたもの、振動を吸収することで遮音性能をもたせたもの、半透明なフィルムにより視界を遮ったり模様をつけたりしたもの、複層ガラスと組み合わせて断熱性能をもたせたものなどがあります。