神社に行くと心が落ち着く

torii神社に行くとすごく心が落ち着きます。私は多くの日本人同様に特に個別の宗教を信奉しているわけではありません。
正月には神社に初詣に行き、葬式は仏教で、結婚式はクリスチャン風と日本人は節操がないようにみえます。
よく外国人はなぜ日本人は信仰心が薄く特別な宗教を信仰していないのに道徳心が高いのかと疑問を抱くようですが、実は日本人ほど自然かつ無意識に信仰心を持っている民族は居ないと思うのです。
日本の精神の礎として、そもそもは神道と土着の自然信仰がありました。神道は天照大神を代表とする、天皇の祖としての神も居ますが、八百万の神のように万物に宿る神に感謝し敬うといった精神が育まれてきました。
仏教が伝来し、時代によって重んじられたり軽んじられたりということはありましたが、もともと持っていた神道や自然崇拝などと融合し日本独自の精神文化や信仰心の礎となりました。
ですので、現代に至っても神社は日本人の心の源流を感じる場所として機能しているのだと思います。