エアスプレー塗装機の洗浄

塗装塗装後のエアスプレー塗装機の洗浄方法です。塗装作業の終了時や色替えのときには、図1-42に示すような流路にして、次の手順で塗装機器を洗浄してください。
塗料にかかる圧力を約1MPa (10 kg/cm2)に低下させます。この操作は圧力調整弁つまみで行います。塗装機本体のスイッチをOFFにします。ガン引き金の安全ロック(ストッパー)をかけてから、ノズルチップをはずします。塗料吸込み囗を塗料容器から出してください。この状態で、引き金のストッパーを外し。湟路に残った塗料を塗料容器に回収します。塗料が出なくなったら、塗料吸込み囗を洗浄し、ドレンホースとともに洗い用シンナー容器中に入れます。塗料圧力がゼロになっていること、ドレンバルブが開いていることを確かめた後、モータのスイッチを入れ駆動させます。
圧力調整弁をゆっくり回して加圧し、約2 MPaに調整します。ドレンホース先端から溶剤が出ていることを確かめます。ドレンバルブを閉じ、ガンの引き金を引いて塗料通路を溶剤で循環洗浄します。塗料吸込み口を洗い用シンナーから引き上げ、ガンの引き金を引きつづけ、塗料流路中の洗い用シンナーを抜きます。ドレンバルブを開き、ドレンホース中の溶剤を抜きます。圧力調整弁を回して塗料圧をゼロ匚した後、モータのスイッチを切ります。最後にノズルチップをはじめ、塗料が接した部分をすべてきれいに洗います。塗装捩や周辺に付いた塗料をウエスで拭き取ります。