家具を置くスペースをフル活用

家具家具を置くにしても小さな部屋では限られたスペースをフル活用して無駄のない空間を作る必要がありますよね。小さく区切られた部屋の間仕切りは取り払って大きな一つの空間にしてしまうと良いと思います。境界を意識させる敷居はカーペットやラグなどで隠してテーブルや椅子などの家具も境界が気にならない配置にしてしまいましょう。仕切りがほしいけど圧迫感が気になるといった場合はガラスの間仕切りを使うといいです。すりガラスなら存在感があまりなく目隠しになりながら光を取り入れられるので良いと思います。多くの収納が必要となるキッチンやダイニングは少しでもスペーwスを確保したいですよね。開き扉の収納家具は手前に開き扉のぶんのスペースが必要になってしまいますが引き戸の家具を選べばその分のスペースを有効に使えますので余裕を持った家具配置が可能になりますよ。収納家具の扉は3センチ程度の厚みがありますがロールスクリーンを使えばその分を節約できちゃいます。上下開閉なので手前にものをおいても不便ではないですしオススメです。