猫の爪きり 我慢強さと社会性

ねこ猫にとっての爪きりってどういう感じなんですかね。
大概にとってつめきりは嫌なものなので我慢してくれず逃げようとするんではないでしょうか。
猫はもともと単体暮らす単独生活者だったわけですが、犬の祖先のように群れで暮らしていたわけではありませんので仲間とうまくやっていこうという社会性が猫にはありません。社会性は協力したり参加したりと言う協調性になって表れますが、犬は我慢が出来るのに猫は出来ないというわがままのレッテルを貼られてしまうのは修正の違いということを理解してあげたいところです。
ただ、猫もこねこの時は母猫や兄弟猫と一緒に暮らしますので社会性がゼロというわけでもないようです。大人になり単独生活をするうちに社会性が薄なわれていくということです
。大人になっても人間と暮らすイエネコは仔猫時代の社会性を持ち続けます。時に去勢した猫派より子供っぽくなりますのでその傾向が強いようです。そういえばうちの猫もだっこも嫌な声はだしつつも何十秒かは我慢してくれます、そのあとにいや~んと言う感じの声を出します。